なぜ商標登録?

商標は、自社商品・サービスと、他社商品・サービスとを区別するための標識です。
商標を使用・育成していくことにより、商標に、その商標使用者の信用や評判が蓄積されていきます。これにより、地道な企業努力を継続していくことで、自社商標のブランド力が向上して、販売増をもたらしたり、競合との価格競争から抜け出して高単価設定が可能となります。
このように商標は企業にとって最も重要な経営資源です。
この重要な経営資源である商標を保護するためには商標登録が有効です。
商標登録をしていないと、他人に自分の商標をマネされたときに、何も文句が言えないか、言うのが難しくなります。
商標登録をしておくと、出願の時に、指定した取扱い商品やサービスと同一か類似の商品やサービスに、登録商標と同一か類似の商標を使用されると、その他人の行為は商標権を侵害することになりますので、その他人の行為を止めさせたり、損害賠償を請求することができます。
商標登録をしていないうちに、他人に自分が使用している商標と同様の商標を商標登録されてしまうと、自分の商標が使えなくなってしまう。
日本の商標制度では、先に出願した者勝ちです。そのため、自分の取扱い商品や提供しているサービスと同一又は類似のサービスについて、自分の商標と同一又は類似の商標を、先に他人に出願され登録されてしまうと、以後自分の商標が使えなくなります。つまり、他人に商標登録されてしまう前に、商標の出願をする必要があります。
商標登録出願のご依頼はこちらから。


トップページ