Q.商標調査は無料ですか?

A.弁理士事務所LABRADORでは、無料の商標調査と有料の商標調査の2種類の商標調査をご用意しております。ご希望により、いずれかの商標調査を選択頂けます。

まず、商標調査について、ご説明致します。
商標調査は、簡単に申しますと、商標のデータベースを検索して、商標登録やご使用を希望されている商標と同一又は類似の商標が存在していないかを確認する作業と言えます。
商標調査によって、ご希望の商標の商標登録ができる可能性がどの程度あるかやご希望の商標を使用した場合に他者の商標権を侵害しないか、といったことがわかります。
つまり、商標調査をすることにより、無駄(商標登録出願をしても商標登録できない)な商標登録出願を防止することや他人の商標権を侵害してしまうことを回避することが可能となりますので、非常に重要な作業になります。

上述しましたように、商標調査は、商標のデータベースを検索することにより行います。
弊所では、商標検索をするデータベースによって、無料と商標調査と有料の商標調査をご用意しています。
商標検索をするデータベースは、概ね以下の2種類のものが存在しています。
・特許庁が提供している「J-PlatPat」
・民間企業が提供している商標データベース(例えば、トムソン・ブランディ・インターナショナル社が提供している「Brandy」)

「J-PlatPat」は、無料で利用することができます。ですので、こちらは、商標検索方法がわかれば弁理士でなくても気軽に利用することができます。
一方、民間企業が提供している商標データベースは、通常、利用するためには料金がかかります。有料の商標データベースでありますので、一般的には民間企業の商標データベースの方が「J-PlatPat」よりも精度の高い商標検索をすることができます。例えば、「J-PlatPat」では、現在、特許庁に登録されている登録商標と出願中の商標を調査することができますが、民間企業が提供している商標データベースの場合は、これらの情報に加えて、過去に特許庁の審査で拒絶されてしまった商標も調査をすることができたりします。過去に拒絶された商標の情報は、ご希望の商標の商標登録の可能性が微妙である場合等に商標登録の可能性判断のより的確な判断に役立ちます。

弊所では、「J-PlatPat」を利用する文字商標の商標調査は、無料で行っております。この場合は、商標調査の結果は、簡潔に結論のみお伝え致します。
また、民間企業が提供している商標データベース(弊所では「Brandy」)を利用する文字商標の商標調査は有料で行っております。このサービスでは、「商標調査結果報告書」にて、詳細に商標調査結果をお知らせします。
ただし、ご注意点は、以上は文字の商標の場合になります。
ロゴマークやキャラクター図柄等の図形商標の調査は、「J-PlatPat」を利用しますが、有料のサービスとなります。

商標調査のご依頼はこちら。

商標登録によくある質問 トップ