Q.中小企業でも商標登録は必要ですか?

A.中小企業でも商標登録をしておくべき場合がほとんどです。

中小企業や個人事業主の方の中には、”商標登録は大企業のための制度であって、自分たちには関係のないことだ。”とお考えの方も結構いらっしゃるようです。
結論的には、冒頭述べましたように、商標登録は中小企業(個人事業主も含め)にとっても必要な仕組みであります。

まずは、商標登録をする意味をご説明致します。
これは色々なところで述べていることでもありますが、商標登録をする目的は大きくは次の2つであると考えられます。
1.他者に自分と同じような商標を使わせないようにするため
2.自分の商標を安全に継続的に使用していくため

商標登録とは、商標を特許庁に登録することですが、これによって、当該商標を独占的に使用することができるという効果があります。厳密には、当該商標を指定商品・指定役務について独占的に使用することができます。そのため、商標権者以外の者は、当該商標と同一の商標を指定商品・指定役務と同一の商品・サービスに使用することができなくなりますし、さらには、商標権者以外の者は、当該商標と同一の商標を指定商品・指定役務と類似の商品・サービスにも使えなくなるとともに、当該商標と類似の商標を指定商品・指定役務と同一又は類似の商品・サービスにも使えなくなります。
以上の商標登録の効果から、上記1.の目的、すなわち、他者に自分と同じような商標を使わせないようにすることができます。
では、なぜ他者に自分と同じような商標を使わせないようにするべきなのか?
一般的には、このように説明されます。つまり、自分の商標と同じような商標を他者に使われて、自分と同じような商品・サービスを提供されると、その商品・サービスの提供を受けた顧客は、商標が似ているためアナタの商品・サービスなのか、他者の商品・サービスなのか混同してしまいます。このようなケースで、当該他者の商品・サービスが粗悪なものであるとすると、アナタの商品・サービス、ひいてはアナタの会社の信用・評判を落としてしまうことになりかねません。このような事態を防ぐために商標登録をするというのが、上記1.の目的です。

上記1.の目的と”裏返し”のような関係になりますが、上述した商標登録の効果を考えると、他者に先を越されて、自分の商標と同じような商標を他者に商標登録されてしまうと、自分がその商標を使えなくなってしまうということになります。これを防ぐために、先に自分がその商標を商標登録しておく、というのが上記2.の目的になります。

中小企業・個人事業主の方の中には、自分の商標は認知度が高くないし、まだまだブランド力もないから、他者に同じような商標を使われても痛くもかゆくもない、だから商標登録の必要性もないとお考えになられている方がいます。こうした方々は、上記1.の商標登録の意義・目的しかお考えになられていないと思われます。

商標登録の意義や目的として最優先で考えるべきは、実は上記2.の方です。
特に、商標の認知度が低い中小企業・個人事業主にとってはなおさらです。
アナタが使っている商標と同じような商標を他者に商標登録されてしまうと、アナタはその他者の商標権を侵害してしまうかもしれません。商標権者を侵害したとなると、当該商標を使用中止、損害賠償、社会的信用の失墜等といった大きなダメージを受けてしまいます。
そうならないためにも、早めに商標登録をご検討されるべきかと思われます。

無料相談はこちら。